本文へスキップ

脳腫瘍,脳動静脈奇形,三叉神経痛の治療 | 高知ガンマナイフセンター

ガンマナイフセンター直通TEL.088-843-7111

お問合せはこちら

転移性脳腫瘍を有する高齢患者に対する定位的放射線治療

Minniti G, Esposito V, Clarke E, Scaringi C, Bozzao A, Lanzetta G, De Sanctis V, Valeriani M, Osti M, Enrici RM Stereotactic radiosurgery in elderly patients with brain metastases. J Neurooncol. 2012 Nov 28. [Epub ahead of print]


 定位的放射線治療(SRS)は、転移性脳腫瘍の患者の全脳照射に変わるものとして、その潜在的な毒性を軽減することを目的に、ますます増加傾向にある。

 著者らは、70歳以上の患者で転移性脳腫瘍に対する初期治療としてのSRSの臨床予後を評価した。 2007年11月から2011年10月までに70歳以上の1から4個の転移性脳腫瘍を有する患者102人をSRSで治療した。

 この研究の主要エンドポイントはすべて生存期間とした。二次的エンドポイントは、局所制御と遠隔転移、死因、パフォーマンス測定、ならびに治療毒性であった。 フォローアップ中央値は11.0ヶ月(範囲1−48ヶ月)で、生存期間中央値ならびに遠隔転移までの中央値は、それぞれ13.2ヶ月と10ヶ月であった。1年、2年の生存率は63%と28%であり、それぞれの遠隔転移率は54%と78%であった。

 45人の患者は頭蓋外病変で死亡したが、14人は進行性頭蓋内病変で死亡した。9人はSRS後に局所再発した。1年、2年の局所制御率は、それぞれ90%、84%であった。

 ミニメンタルステート検査(MMSE)を用いた神経認知機能の評価では、SRS後に有意な神経認知低下を認めなかった。MMSEスコアは15%の患者で改善し、12%では悪化し、他の患者では不変であった。重篤な神経学的合併症は7人(7%)の患者で報告され、手術か内科的治療を要した。

 綿密なモニタリングを伴ったSRSによる初期治療は、若年者に対するSRSの過去のシリーズで報告されたものと同様の予後を示し、延命効果に関して比較的安全な治療戦略を示すかもしれない。  

上記の記事は高知ガンマナイフセンターが発行した「ガンマナイフ治療最新情報」に収録されています。

一般向けトップ 設立の経緯と沿革 ガンマナイフの仕組み 治療実績
治療の流れ 受診・入院案内 ガンマナイフで治せる病気 Q&A
医療関係者向けトップ ガンマナイフ最前線情報WEB センター長よりのメッセージ 最新情報
 総合トップ 施設案内 スタッフ紹介 アクセス
ガンマナイフの本 お問合せ  パーフェクションについて

最新モデルパーフェクションで脳腫瘍などの治療

Perfexion

高知ガンマナイフセンター
〒780-0952
  高知県高知市塚ノ原6番地1
  もみのき病院内
  TEL.088-843-7111
      (センター直通)
     088-840-2222
       (もみのき病院代表)
  FAX.088-840-1001     
地図を見る→アクセス