脳腫瘍,脳動静脈奇形,三叉神経痛の治療 | 高知ガンマナイフセンター(もみのき病院)

2020年10月、ガンマナイフ治療装置を最新機種 Icon(アイコン)に入れ替えました。
四国では初の導入となる、最新鋭のガンマナイフ治療装置です。従来のフレームで頭部を固定する治療方法に加えて、専用のマスクで頭を固定する方法が可能となりました。これにより高齢者にもより負担が少なく、短期間での複数回照射が可能になりました。

第20回日本ガンマナイフ学会学術総会が、高知で開催されます。

2023年2月10~12日、高知県民文化ホールで開催され、大会長は当センター長の森木章人が務めます。アジア各国のガンマナイフ治療に関する知見が一同に会する ”The 8th Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society(ALGKS)”との共同開催となります。
(外部リンク)日本ガンマナイフ学会学術総会のサイトへ
フライヤーをダウンロードして見る

Icon導入1周年記念講演会

2021年9月22日(水)に開催しました。多数の方にご来場、又は視聴いただき、ありがとうございました。講演会の動画はこちらでご覧ください

ガンマナイフ最新装置「Icon」で治療をしています

令和2年10月より、新装置での治療を開始しております。やIconについて、くわしくはこちら
 


三叉神経痛へのガンマナイフ治療が保険適用になりました。

 平成27年7月より保険適用となり、費用負担が軽くなりました。やくわしくはこちら

ガンマナイフ治療について

・ガンマナイフ治療とはどのような治療法ですか

 メスを使って頭を切開せずに、ガンマ線という放射線を外から脳内の病巣に向けて当てる治療法(定位放射線治療)です。 ちょうど、虫めがねで太陽の光を集めると、紙の一点が燃え出すのと同じ原理です。


・どのような病気が対象になるのですか

  脳の深いところの手術ができない病巣でも治療が可能です。 大きな病巣で開頭手術で取り切れなかった場合に、この治療法を追加できます。 最近の治療では転移性脳腫瘍が大部分を占め、腫瘍によって生じた麻痺などの症状が治療後に劇的に回復するため、患者さんに非常に喜ばれています。


・どのような利点があるのですか

 患者さんの身体的負担が少なく、高齢の患者さんや全身状態が悪い患者さんでも治療が可能です。 入院期間も短く、治療翌日から社会復帰出来るという大きな利点があります。 費用の面では、保険診療が認められ、高額医療費制度も利用できます。いまやガンマナイフ治療は脳外科領域では、なくてはならない画期的な治療法です。




<--画像をクリックすると、高知ガンマナイフセンターのパンフレット
  をダウンロードして見ることができます。
  (PDFファイル4.6MB)

R4.8 ガンマナイフ最前線情報 9月分を掲載しました

脳動静脈奇形に対する反復定位放射線手術
視神経膠腫に対するガンマナイフ放射線手術の単一施設での治療経験
一般向けトップ 設立の経緯と沿革 ガンマナイフの仕組み 治療実績
治療の流れ 受診・入院案内 パーフェクションについて Q&A
医療関係者向けトップ ガンマナイフ最前線情報WEB
 総合トップ 施設案内 スタッフ紹介 アクセス
ガンマナイフの本 お問合せ  
〒780-0952
  高知県高知市塚ノ原6-1
  もみのき病院内
  TEL:088-840-2222
       (もみのき病院代表)
  FAX:088-840-1001     
地図→アクセス 




日本ガンマナイフ研究会へのリンク